年金の受給は個人によって様々です。
年金の専門家「社会保険労務士」にお任せください。
どんな些細なご相談でも迅速丁寧に対応いたします。

 
年金の基礎 もらえるの?

 年金は原則25年以上の加入でもらえます。

老後の年金をもらうためには保険料納付済期間と保険料免除期間及びカラ期間
(合算対象期間)を合わせて25年以上あることが必要です。

 もらうための要件となる期間とは?

保険料納付済期間:国民年金の保険料を納めた期間や保険料を納めた扱いとなる期間
  ※厚生年金保険や共済組合に加入している方は20歳以上60歳未満の期間が対象です。
保険料免除期間:国民年金の保険料の納付を免除された期間
  )…衞判 ⊃柔遡判 3慇犬稜蕊嫺知磧若年者納付猶予
合算対象期間:年金の受給資格を確認するときにのみ算入し、
          年金の金額の計算には算入されない期間
  (該当が多い例)
  ・サラリーマンや公務員の配偶者で20歳以上60歳未満の期間かつ
   昭和36年4月〜昭和61年3月までの期間で
  ・厚生年金の脱退手当金を受けた期間で昭和36年4月〜昭和61年3月までの期間
 年金の基礎 いつからもらえるの?

 老齢厚生年金の受給は60歳台前半から。

 ・60歳から64歳までもらえる年金は徐々になくなります
  受け取り開始の時期は生年月日に応じてまた性別によって異なります。
 ・厚生年金の加入期間が1年以上ある人は受け取れます。
  ※上記の65歳からの要件を満たしている必要があります。
 ・昭和36年4月2日生まれ以降(女性は昭和41年)は65歳からの受給となります。

 65歳から本来の年金の支給が始まります。

  【65歳以降の厚生年金】
 ・厚生年金に加入したことがある方は、1ヶ月でも上乗せされる。
  ※上記の65歳からの要件を満たしている必要があります。
  【基礎年金(国民年金)】
 ・自営業しかしていない人はこの基礎年金を65歳から受給します。
 年金の基礎 いくらもらえるの?
 

 老齢基礎年金(国民年金)は40年納めて満額の約80万円です。

 ・月額でもらう年金は約66,000円
  年金は2ヶ月に一度の支給になりますので1回あたり13万円
   ※保険料を納めた月数に比例して金額は少なくなります。

 厚生年金は報酬に比例して多くの年金がもらえます。

  【60歳台前半の厚生年金】
 ・報酬比例部分
  掛け金と加入期間が多いほど年金額は増えます。
 ・定額部分
  厚生年金に加入した月数で決まります。
  【65歳からの厚生年金】
 ・報酬比例部分